体張り、守備で貢献した酒井「どこを抑えればいいか明確だった」

体張り、守備で貢献した酒井「どこを抑えればいいか明確だった」

勝利に貢献した酒井 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が31日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。

 試合は41分、DF長友佑都の右足でのクロスに、完璧に抜け出したFW浅野拓磨が左足でゴールした。その後MF井手口陽介の豪快シュートもあり、日本代表がオーストラリア相手に2−0で勝利した。先発フル出場したDF酒井宏樹が、試合を振り返っている。

 全体的な感想を聞かれた酒井は「みんなで勝ち取ったW杯だと思います。勝ち点3しか狙っていなかったのでよかった。危ないエリアで落ちついてプレーできたのは、どこを抑えればいいのかが明確だったからだと思います」とコメント。

 続いて「ケガからの切り替えは難しかったですけど、自分はコンディションをあげることに集中しました。マイナスのことは考えなかったかな。今みんなと喜びを分かち合えていることは、自分一人の力ではない。改めてチームスポーツだということを感じました」と明らかにした。

 最後に「来年に向けてどれだけ強いチームとやれるかわからないけど、悪いところを再確認したい。いろんな失敗ができればできるほど、修正する時間もあるかなと。いいチームとやりたい」と締めくくった。

 次戦、日本は現地時間5日の20時30分(日本時間 6日2時30分)から、敵地でサウジアラビア代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)