先制アシストの長友、自身3度目となるW杯出場決定の瞬間に「今回は格別」

先制アシストの長友、自身3度目となるW杯出場決定の瞬間に「今回は格別」

オーストラリア戦の出場した長友 [写真]=Getty Images

「今回は格別でした」。ワールドカップ出場を決めた試合後、DF長友佑都(インテル)はそう振り返った。

 日本代表は31日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選でオーストラリア代表に2−0と勝利を収め、6大会連続となるW杯出場を決めた。

 先制点は長友の右足が起点となって生まれた。41分、左サイドでボールをもった長友が右足でクロスボールを上げると、絶妙のタイミングで抜け出した浅野拓磨(シュトゥットガルト)が左足で合わせた。

 ゴールシーンについて「縦に勝負しようと思ったんですけど、相手が警戒していたので。ニアを超えて本当にいいボールが入ったんじゃないかなと思いますね」と満足げに振り返った長友は、「1点目は大きかったですね。僕自身もアドレナリンがめちゃくちゃ出て、気付いたら観客を煽っていました(笑)」とコメント。無意識のうちに感情が爆発していたことを明かした。

 自身3度目となるW杯出場決定の瞬間。長友は「過去3回とも特別でしたけど、今回が一番ですね。ブラジルでかなり悔しい思いもしましたし、とにかくロシアに行きたい。その気持ちが強すぎましたね。今回は格別でした」と、改めてロシア行きの切符を掴んだ喜びを語った。

 次戦、日本は現地時間5日の20時30分(日本時間 6日2時30分)から、敵地でサウジアラビア代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)