最年少MFが大舞台で躍動…井手口、スーパーゴールは「結果を残したいという気持ち」

最年少MFが大舞台で躍動…井手口、スーパーゴールは「結果を残したいという気持ち」

好守に躍動し、素晴らしいゴールも決めた井手口 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選で日本代表はオーストラリア代表と対戦し2−0で勝利、6大会連続のW杯出場を決めた。

 1−0で迎えた後半、オーストラリアはFWティム・ケーヒルを投入し攻勢に出る。しかし、試合を動かしたのは日本代表最年少のMF井手口陽介の一撃だった。左サイドから中央に切れ込み、相手DFに寄せられながらもエリア外から右足を一閃。若武者のスーパーゴールで、日本は試合を有利に運ぶことができた。井手口は試合後、「枠に入ればと思ったが、そのまま入ってよかった。こういう大舞台で監督に使ってもらったので、結果を残したいという気持ちがゴールにつながったと思います」とゴールを振り返った。

 運動量が落ちることなく精力的に走りきれたのは「たまたま」と言ってのけた井手口。「もっともっとレベルアップして満足せず頑張りたい」と更なる飛躍を誓った。

 日本代表は9月5日(日本時間6日の02:30から)、最終予選の最終節でサウジアラビア代表とアウェイで対戦する。

関連記事(外部サイト)