W杯を手繰り寄せる先制アシスト…長友「ブラジルでの忘れ物を取り返す」

W杯を手繰り寄せる先制アシスト…長友「ブラジルでの忘れ物を取り返す」

W杯を手繰り寄せる貴重な先制弾をアシストした長友 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選で日本代表はオーストラリア代表と対戦し2−0で勝利、W杯出場権を手に入れた。

 DF長友佑都(インテル)は得意とする縦への突破ではなく中央へのカットインを選択。右足からの精確なクロスボールでFW浅野拓磨(シュトゥットガルト)の決勝ゴールをアシストした。試合後、長友はこの場面に関し、「あそこに出せば得点につながるというのは分かっていた。浅野が抜け出してくれて、それが決勝点になって良かった」とコメント。経験豊富なサイドバックはゴールを確信していたようだ。

「コンディションは良かったけど、まだまだできる」と語った長友。「ブラジルW杯での忘れ物を取りに行きたい」と力強く“リベンジ”を誓った。

 日本代表は9月5日(日本時間6日の02:30から)、最終予選の最終節でサウジアラビア代表とアウェイで対戦する。

関連記事(外部サイト)