ロシアへの切符を掴んだ日本代表、W杯出場決定は4カ国目…FIFAも祝福

ロシアへの切符を掴んだ日本代表、W杯出場決定は4カ国目…FIFAも祝福

豪州戦での日本代表スターティングメンバー [写真]=新井賢一

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が31日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。

 試合は41分、長友佑都のクロスに浅野拓磨が合わせて先制点を挙げると、後半に入り82分には井手口陽介が追加点を奪う。試合は2−0で終了し、アジア最終予選で一度も勝ったことがなかったオーストラリアを相手に勝利。この結果、6大会連続6度目のワールドカップ出場が決定した。

 すでに開催国のロシア、ブラジル、イランがロシアW杯の出場権を獲得しており、日本は4カ国目となった。FIFAもTwitterで「突破! 日本がイラン、ブラジル、開催国のロシアに続いて2018年ロシアW杯の出場権を獲得した」と祝福のコメントを送っている。

関連記事(外部サイト)