去就不透明も…逆風の中で大胆起用のハリル「正しいと見せられた」

【W杯アジア最終予選】日本がW杯出場決定も、ハリルホジッチ監督が退任の可能性を示唆

記事まとめ

  • W杯アジア最終予選で日本がオーストラリアを2−0で下して6大会連続のW杯出場を決めた
  • ハリルホジッチ監督はFW浅野拓磨を起用する決断で日本をW杯に導き、達成感を滲ませた
  • しかし、ハリルホジッチ監督はプライベートでの問題を告白し、退任の可能性を示唆した

去就不透明も…逆風の中で大胆起用のハリル「正しいと見せられた」

去就不透明も…逆風の中で大胆起用のハリル「正しいと見せられた」

逆風の中で日本代表をW杯へ導いたハリルホジッチ監督 [写真]= Getty Images

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選が31日行われ、日本代表がオーストラリア代表を2−0で下して6大会連続のW杯出場を決めた。

 試合前には「結果次第で解任」や「日本人の中には日本代表の敗戦を望む人もいる」といった報道もあり、ホームながら逆風もあったヴァイッド・ハリルホジッチ監督。そういった中でも自身のプランを曲げず、「若手を信頼して使うべきだと思っていますけど、それが正しいということを見せられたと思う」とFW浅野拓磨を起用するという決断で日本代表をW杯に導いてみせた。

「この試合は日本国民全員にとって重要な試合でした。そして彼ら全員の勝利だと思います。日本国民のことを考えると、私は熊本地震のことを思い出します。W杯の出場を決めると彼らに約束していました」と拍手で迎えられたハリルホジッチ監督。「この勝利を日本国民全員に捧げたいと思う。このチームに対して、みんなが誇りを感じていると以前も言った。そしてこのチームを好きな人、日本が好きな人、日本の方々は今日の選手たちに誇りを感じていると思う」と達成感を滲ませた。

 自身への批判を結果で覆したハリルホジッチ監督の続投を望む声も多い。しかし「プライベートで大きな問題があります」と告白したハリルホジッチ監督は「ここに残るかもしれないし、残らないかもしれない」と意味深な発言。「本日、みなさんが拍手で迎えてくれたことは二度と忘れない。たくさんのことが消えるかもしれないが、これは忘れられない」とお別れとも取れる言葉を残した。

関連記事(外部サイト)