代表引退の可能性もあった!? 本田、ロシアW杯がなければ「残る意味がなかった」

代表引退の可能性もあった!? 本田、ロシアW杯がなければ「残る意味がなかった」

試合後、スタンドのファン・サポートの声に応える本田 [写真]=新井賢一

 8月31日、日本代表が6年連続6度目のワールドカップ出場を決めた。FW本田圭佑(パチューカ)は有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』で、「いやあ、ホッとしています」と安堵するとともに、「このワールドカップがなければ、日本代表に残る意味がなかった」と明かした。

 オーストラリアとの運命の一戦、背番号4に出番は回ってこなかった。試合はFW浅野拓磨(シュトゥットガルト)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)の2ゴールで快勝。本田は経験の浅い若手選手をサポートしつつ、ベンチから試合を見守った。

 本田はロシアまでの道のりを「日本代表の最後の1年間」と位置付けている。「ロシア・ワールドカップまでしっかり目指すというのが、最低限の目標やったんでね。出られないなんてことは、あってはならない。緊張感のある戦いでした」。もし、W杯出場を逃していたら――。本田は日本代表から“引退”していたかもしれないという。

「その可能性が高かったですね。カタール・ワールドカップを目指すつもりはないので」

 強い覚悟を持って挑むロシアの大舞台。20代前半の選手が突き上げ、世代交代の足音が聞こえる中で、本田はこの1年、どんな戦いを見せてくれるのだろうか。

※本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。

関連記事(外部サイト)