レジェンド岡野、川口が日本代表にエール「ここからが戦い」

レジェンド岡野、川口が日本代表にエール「ここからが戦い」

元日本代表の岡野雅行氏と川口能活

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が31日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。試合は浅野拓磨(シュトゥットガルト)、井手口陽介(ガンバ大阪)のゴールで日本代表が2−0で勝利、6大会連続のW杯出場を決めた。

 同日、キリンビールは都内でパブリックビューイングを開催。ゲストとして元日本代表の岡野雅行氏と川口能活(SC相模原)、タレントの香川照之氏が参加し、抽選で選ばれた100名のサポーターとともに試合を観戦した。

 イベント終了後にメディアの取材に答えた岡野氏は「本当に素晴らしい2ゴールが入ってうれしかったです。やっぱり突破というのは素晴らしいですね。最高でした」と興奮冷めやらぬ雰囲気でコメント。試合前に注目選手として挙げていた浅野のゴールについては「すごくいい時間帯に取れた。こういう試合はどうしても体が固くなってしまうんですけど、あの1点で選手たちも少しほぐれましたね」と笑みを浮かべた。

 一方、川口は「相手にパスは回されていたんですけど、最後のところで体を張って守っていました。決定機もほぼ与えることなく、完璧な試合内容だったと思います」とオーストラリア代表を無失点に抑えた守備を称えた。また、「最終予選を通してベストゲーム。そのベストゲームをワールドカップ出場を決める試合でできたというのは、ものすごく大きな意味があると思います」と話し、プレッシャーのかかる大一番で日本代表が見せたパフォーマンスに惜しみない称賛を送った。

 いち早くロシアワールドカップ出場を決めた日本代表だが、6日(日本時間)には最終予選の最後の試合となるサウジアラビア代表との試合を控えている。また、10月にロシアW杯に向けた強化試合となる、キリンチャレンジカップの開催も決まっている。

「ここからが戦い」と語気を強めた岡野氏が「チーム内での競争の中で、どんどんレベルを上げていってほしい」と語ると、川口も「強化試合も組まれるでしょうから、いろいろなタイプの国と対戦して課題を見付けて、それを克服してほしい」とコメント。両レジェンドともに、選手たちのさらなる向上に期待を寄せた。

関連記事(外部サイト)