さすらいの元バルサFWボージャン、レンタルでアラベス移籍が決定

さすらいの元バルサFWボージャン、レンタルでアラベス移籍が決定

アラベス移籍で6年ぶりにリーガでプレーするボージャン [写真]=Action Plus via Getty Images

 アラベスは31日、ストークからスペイン人FWボージャン・クルキッチを1シーズンのレンタル移籍で獲得したと公式サイトで発表した。

 現在27歳のボージャンはバルセロナの下部組織出身。17歳の時にトップチームデビューを飾り、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが保持していたクラブの最年少得点記録を塗り替えた。さらにこのシーズンには10得点をマークしトップチームに定着したものの、徐々に出場機会を減らしていき、移籍を決断。ローマ、ミラン、アヤックスを経て2014−15シーズンにストークに加入した。加入初年度はリーグ戦16試合出場で4得点とプレミアに馴染み始めたところで左ひざの十字じん帯を断裂する重傷を負う。復帰後は定位置を掴みきれず、昨シーズンの1月にはマインツにレンタル移籍。今シーズンも再びレンタル移籍と、1年間で2回のレンタル移籍を経験することになった。なお、4大リーグ(スペイン、ドイツ、イングランド、イタリア)で得点した初めてのスペイン人でもある。

関連記事(外部サイト)