雰囲気作りは「僕にしかできないこと」…チームのムードを高める槙野智章の存在

雰囲気作りは「僕にしかできないこと」…チームのムードを高める槙野智章の存在

オーストラリア戦翌日、控え組は強度の強いメニューをこなした [写真]=新井賢一

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のオーストラリア戦で2−0と完勝した日本は、1日、さいたま市内でリカバリーを行った。

 以前、槙野智章(浦和レッズ)は「国内組としてはこれを機に、ワールドカップ出場権を手にすることで日本サッカー、Jリーグを盛り上げるというところにもつながる」と話していた。31日のオーストラリア戦で出場権を手に入れたものの、自身の出場は叶わず。しかしながら、槙野は「どうしてもベンチに座る時間が長いので、できるだけベンチの人たちがいつでも出れる雰囲気やモチベーションを落とさないような雰囲気作り」を常に心掛けているそうだ。「僕にしかできないこと」という自覚も持っている。

 次戦は5日、敵地でサウジアラビア代表と対戦する。「次の試合に向けてのモチベーションや雰囲気を作るということは大事」と槙野は語りながらも、「もちろん一番のやるべきことはピッチの上で仕事をすること」と出場を見据えた。

関連記事(外部サイト)