豪戦で大活躍の井手口、W杯は「夢の場所」…淡々と語る新たなサムライ

豪戦で大活躍の井手口、W杯は「夢の場所」…淡々と語る新たなサムライ

オーストラリア戦で先発した井手口 [写真]=新井賢一

 8月31日にオーストラリア戦との激戦を制した日本代表は、見事W杯出場を手にした。スーパーゴールで日本に追加点をもたらしたMF井手口陽介が、1日経って試合の感想を述べた。

 ゴールシーンに関して「自分ではあまり実感はないんですけど、『LINE』の連絡とか見るとやったんだなと思いますね。どれくらい連絡が来たかはわからないです。監督からも、特別何か言われたりはしませんでしたね」と淡々と答えた。

 続いて「今日のミーティングは長がったんですけど、改めて切り替えようって話しました。まだ最終予選は終わっていないので。今日から競争がまた始まる。サウジアラビア戦で誰を使うか、監督も全く話していない。しっかりアピールしてまた出れるように頑張りたい」とコメント。

 さらに「これでロシアへの思いが強くなったとかはないです。もともと出たい大会だったので。出場権はとったけど、僕にとっては小さい頃からの夢の場所です。夢の場所なんで、近づいてみないとわからないと思う。そこへいくためにもっと改善するところがあります。もっとコミュニケーションが取れていれば、守備の局面にはハマると思う。攻撃の部分でも、守備から攻撃への切り替えがまだまだ遅い。それから、つなぎの部分で簡単なミスをしないっていうのは改めて修正するつもりです」と明かした。

 最後に、ゴールの後本田のところへ行ったことについて聞かれると「あんまり関係ないですね。ベンチにいたから寄って行っただけです。声をかけられたりとかもなかった」と本田との関係性について言及した。

 日本代表は5日、アウェイでサウジアラビアと戦う。

関連記事(外部サイト)