移籍できなかったD・コスタ、チェルシーのメンバーリストに入る

移籍できなかったD・コスタ、チェルシーのメンバーリストに入る

放出が既定路線だったD・コスタ [写真]=Getty Images

 今夏の移籍市場でチェルシー退団が確実視されていたスペイン代表FWジエゴ・コスタが、クラブが提出したプレミアリーグに出場可能な25名の選手リストに入った。

 昨シーズンのチェルシーで20ゴールを記録しプレミアリーグ優勝の立役者となったD・コスタだが、アントニオ・コンテ監督との確執から一気に放出候補になった。生まれ故郷であるブラジルに帰った同選手は、クラブの対応を「リスペクトに欠ける」と批判している。また「犯罪者のように扱われた」ともコメントした。

 古巣であるアトレティコ・マドリードへの移籍が取りざたされていたが、2018年1月まで補強禁止処分を下されたクラブと交渉がまとまらず残留となった。

 なお、25名のリストの中にはフランス代表FWロイク・レミーも記載されていたが、最終的にラス・パルマスへローン移籍している。

 

 

関連記事(外部サイト)