イスコがイタリア戦で躍動…シュート2本で2得点、パス成功率は驚異の95%

イスコがイタリア戦で躍動…シュート2本で2得点、パス成功率は驚異の95%

イタリア戦で2ゴールの活躍を見せたイスコ [写真]=Getty Images

 9月2日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選で、スペイン代表はイタリア代表に3−0で快勝した。勝ち点で並ぶ強豪同士が激突したグループGの頂上対決で、勝利の立役者となったのはMFイスコ(レアル・マドリード)だった。2ゴールを挙げた同選手に、続々と賛辞が寄せられている。

 レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの一戦で、先発メンバーに名を連ねたイスコ。14分に右足の鋭い直接FKを決めると、40分には深い切り返しから左足でグラウンダーのシュートをゴール右隅へ突き刺した。世界屈指の守護神であるイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを相手に、ペナルティーエリア外から2つのゴールを記録。スペイン紙『アス』はイスコに対し、通常の最高評価である「3」を上回る「4」を与え、並外れたパフォーマンスを手放しで褒め称えた。

「イスコがイタリアを爆破した。2つのゴラッソ(スーパーゴール)に優雅なプレーのコレクション、魔法によって芸術が奏でられた。今日はまさしく彼によるショーだった」

 イタリア戦での勝利により、勝ち点差「3」と得失点差「10」のリードを得たスペイン。5日に行われるグループ最下位のリヒテンシュタイン代表戦で勝利を収めれば、W杯出場に王手を掛ける。スペイン紙『マルカ』は「Russia ISCOming」との見出しを掲げ、イスコの芸術的なプレーを絶賛した。

「イスコの両足によるボールタッチは、それだけで何百万ユーロもの価値がある。故ヨハン・クライフなら、『高貴な家柄から生まれた選手』と称していることであろう」

 なお、イタリア戦ではシュート決定率100パーセント(2ゴール/2本)にパス成功率95パーセント(53/59本)と、ほぼ完璧と言えるプレーが数字でも実証されているイスコ。試合後のインタビューでは、チームの勝利にも自身の活躍にも満足感を表している。

「残り試合の中で最も重要な一戦だったけど、完璧な夜になった。僕たちはしかるべき勝者だった。スペインが一枚岩のチームであることを、僕たちはずっと前から証明し続けている。今日はまた、個人的にもシュート2本でゴールを2つ決めることができた。ベルナベウでのイタリア戦という特別な試合でチームに貢献することができて、本当に嬉しいね」

文=北村敦

関連記事(外部サイト)