豪州戦にベンチ入りの三浦弦太、代表デビューへ「出場への思いは強い」

豪州戦にベンチ入りの三浦弦太、代表デビューへ「出場への思いは強い」

代表デビューへ向けて三浦がコメントを残した [写真]=Getty Images

 日本代表は5日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の最終節でサウジアラビアと対戦する。オーストラリア戦はベンチ入りを果たすものの、出場はなく代表デビューは叶わなかったDF三浦弦太(ガンバ大阪)がサウジアラビア戦へ向けてコメントを残した。

 8月31日に行われたオーストラリア戦で6大会連続のW杯出場を決めた日本代表。その中で三浦は「対人面だったり、フィードだったりは自分の武器だと思っているので、その部分を代表でも出していけたらいいと思います」とサウジアラビア戦へ抱負を語った。

 三浦はオーストラリア戦ではメンバー入りとなったが、出場することはできず。日本代表デビューへ「代表に入るようになって、この間の試合でワールドカップ出場を味わって、より一層、出場したいなという思いは強くなりました」と話し、最終戦出場へ向けて意気込んだ。

 サウジアラビアの印象について問われると「攻撃陣はすごい強力ですし、いいパスを出せる選手、いいシュートを決められる選手がいて、そういった部分は守備陣からするとより一層集中力を持ってやっていかないといけないと思います」と話している。

関連記事(外部サイト)