勝利を義務付けられたサウジ…監督は「試合に勝つ。それだけ」

勝利を義務付けられたサウジ…監督は「試合に勝つ。それだけ」

日本戦に意気込むファン・マルワイク監督 (右)[写真]=Getty Images

 サウジアラビア代表を率いるベルト・ファン・マルワイク監督が、5日に行われる2018 FIFAワールドカップロシア・アジア最終予選の日本代表との試合についてコメントした。

 8月31日に行われたUAEとの一戦を2−1で落としてしまったサウジアラビアは、W杯出場のために勝利が絶対条件になる。

 ファン・マルワイク監督は「まずは日本代表におめでとうと言いたい。W杯出場が決まったからね。私たちは今回、アジアの中でトップのチームと対戦する。私たちの試合の前に、オーストラリアとタイの試合があるんだ。その結果によって私たちのプレッシャーが変わってくる。UAEに負けてしまったが、チャンスを生かしたい」とコメント。

 続いて「明日は6万5000人から6000人がスタジアムに駆けつけてくれる。メッセージは特に必要ない。メディアの方達も好きなように書いて欲しい。試合に勝つ。それだけだ」と力強く語った。

 最後に「私たちにとって大切な試合だ。UAE戦の結果が良くなかったので、フィジカルやメンタル面をしっかり調整したい。絶対に勝たなくてはいけない試合なんだ。チームにも自信がある。前の試合からは1、2人くらい変えるつもりだ」と締めくくっている。

 また、DFのオサマ・ハウサウィを会見に出席。「明日は夢を叶えるために頑張らないといけない。次のW杯には参加できないこともある。最後のチャンスなんだ。絶対に勝ちたい」と口にした。

関連記事(外部サイト)