インテル指揮官、非難の的の伊代表監督を擁護「私も同じ選択をした」

インテル指揮官、非難の的の伊代表監督を擁護「私も同じ選択をした」

「私も同じ選択をしただろう」と代表監督を擁護したスパレッティ監督 [写真]=Getty Images

 インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が、2018 ワールドカップロシア欧州予選、スペイン戦で0−3と大敗を喫したジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を擁護した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が4日に報じている。

 得失点差で上回るスペインには勝利が必要だったイタリア。ヴェントゥーラ監督は4−2−4の攻撃的シフトを採用したが、敵地8万の完全アウェーの中、スペインに完膚なきまでに叩きのめされた。イタリア国内では、同監督の采配に非難が集中しているが、スパレッティ監督は擁護に回っている。

「ヴェントゥーラ監督への批判?彼は素晴らしい監督だ。私も彼と同じような選択をしただろう。勝利への道は、彼が選択したものだけだった」とコメント。4−2−4の攻撃的シフトが、唯一スペイン撃破の選択肢であったことを強調している。

関連記事(外部サイト)