古巣への愛情を示すムバペ「みんなが怒っても、僕は愛している」

古巣への愛情を示すムバペ「みんなが怒っても、僕は愛している」

モナコファンに向けてメッセージを送ったムバペ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したフランス代表FWキリアン・ムバペが、モナコのファンに向けてメッセージを出した。

 イギリスメディア『BBC』によると、同じリーグ・アンを競うライバルへの移籍に、モナコファンは激怒している。しかしムバペは、ファンの感情を理解しつつ受け入れた。

「みんなが僕の決断を理解できないことはわかっている。みんなの怒りを受け入れているよ」と自身の『ツイッター』で投稿している。

 続いて「最後の試合でのブーイングも納得しているんだ。でもモナコと、モナコのファンに対する気持ちは変わらない。サポーターたちは謙虚で、明快で、尊敬できる人たちだ。僕に対して怒り、憎しみ、非難しても、僕はサポーターを愛している。これは心からの気持ちだよ」とファンに向けてメッセージを送った。

 現在フランス代表に招集されているムバペは、ルクセンブルクとの試合に先発出場し、59分までプレーしている。なお試合はスコアレスドローに終わった。

関連記事(外部サイト)