韓国、最終戦ドローもW杯出場が決定! 劇的ゴールのシリアがプレーオフへ/アジア最終予選A組

韓国、最終戦ドローもW杯出場が決定! 劇的ゴールのシリアがプレーオフへ/アジア最終予選A組

韓国が苦しみながらもワールドカップ出場を決めた [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選グループA最終節が5日に各地で行われた。

 勝てばW杯出場が決定する一方、負ければ4位転落のおそれもある2位の韓国代表は、アウェイで4位ウズベキスタン代表と対戦。試合終盤には何度か決定機を作ったがゴールを奪うことはできず、スコアレスドローに終わった。

 韓国と勝ち点2差の3位シリア代表は、すでにW杯出場を決めているイラン代表と対戦。幸先よく先制したシリアだったが、ここから2点を失い逆転されてしまう。それでも終盤に意地のゴールで追い付き、2−2の引き分けで試合を終えた。

 この結果、1ポイントを加えた韓国が2位でW杯出場権を獲得。シリアとウズベキスタンは勝ち点で並んだまま最終節を終え、得失点差で上回るシリアがアジア地区プレーオフへ出場することとなった。

■第10節結果(9月5日開催)
ウズベキスタン 0−0 韓国
イラン 2−2 シリア
カタール 1−2 中国

■グループA順位表
1位 イラン(勝ち点22/得失点差8/得点10)
2位 韓国(勝ち点15/得失点差1/得点11)
==========W杯出場権獲得==========
3位 シリア(勝ち点13/得失点差1/得点9)
========アジアプレーオフ進出=========
4位 ウズベキスタン(勝ち点13/得失点差−1/得点6)
5位 中国(勝ち点12/得失点差−2/得点6)
6位 カタール(勝ち点7/得失点差−7/得点8)

関連記事(外部サイト)