「今までとは比にならない」…昌子源、サウジ戦の“アウェイ感”は「本当にいい経験」

「今までとは比にならない」…昌子源、サウジ戦の“アウェイ感”は「本当にいい経験」

昌子が完全アウェイとなったサウジアラビア戦を振り返った [写真]=Getty Images

「本当にいい経験ができました」。アウェイのサウジアラビア戦にフル出場したDF昌子源(鹿島アントラーズ)は、この敗戦をロシアへの糧にしていくと語った。

 5日、日本代表は2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の最終節でサウジアラビアと対戦し、0−1で敗れた。

 これまでに経験したことのないアウェイ感だった。すでにW杯出場を決めていたことで「立場的にすごく難しかった」という条件を抜きにしても、「今までは(AFCチャンピオンズリーグで対戦した)広州恒大が一番すごいと感じていましたけど、比にならないくらいの迫力がありました」というほど、完全アウェイでの戦い。加えて、「この暑さで、湿度は日本に近いって言われるけど、日本でやっている僕もなかなかこの環境では難しい」と、気候の面でも苦しめられた。

 ただ、そんな環境のなか、W杯をかけて臨んできたサウジアラビアを相手に「(危険な場面は)あの失点をした1シーンくらいでした」と試合を振り返る昌子は、「ちょっとしたずる賢さ、レフェリング、本当に体験してみないとわからないことですし、いろいろなことがいい経験になりました」と、得るものは大きかったと述べた。

 そのうえで、「勝って終われれば一番良かったですけど。W杯に向けた第一戦目ということで、この負けスタートはチームとしてやっぱり苦しいかなと思います」と続けた昌子。それでも「次につなげないと意味がないと思うので」と前を向いた。

関連記事(外部サイト)