期待の若手からチームの核へ…井手口陽介に芽生えた責任感「もっと要求していく」

期待の若手からチームの核へ…井手口陽介に芽生えた責任感「もっと要求していく」

井手口がサウジアラビア戦を振り返った [写真]=新井賢一

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選で日本代表はサウジアラビア代表と対戦し、0−1で敗れた。

 オーストラリア代表戦に引き続きスタメンフル出場を果たしたMF井手口陽介(ガンバ大阪)は「何をするにしてもバラバラだったと思う」と試合を振り返った。

「前から行ってはめて、ショートカウンター」というイメージで臨み、実際に前半は「形は作れてた」という井手口。しかし「後半はガクッと落ちてしまったな」と追いかける展開でプラン通りのサッカーはできなかった。

 結果としてロングパスを多用する展開にもなったが、井手口は「もっと蹴るんだったら中盤全体でセカンドを拾わないといけない」と反省点を挙げる。中盤の底から舵を取る主将・長谷部誠(フランクフルト)の不在が響いた可能性もある。

 ただ、リーダー不在の中盤は井手口に新しいものを植え付けた。「もっともっと要求していかないといけないと思います。やっぱり求めて、求め合ってっていう関係を築ければ一番いいかなと思います」。こう語る井手口はもはや突き上げるだけの若手選手ではない。チームの核としての責任を負い始める覚悟が備わった、そんな一戦になったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)