ウルグアイが2位浮上、チリがプレーオフ圏外に転落/南米予選第16節

ウルグアイが2位浮上、チリがプレーオフ圏外に転落/南米予選第16節

南米予選第16節が各地で行われた [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第16節の5試合が5日に各地で行われた。

 3試合を残して首位突破を決めたブラジル代表を除いて、2位のコロンビア代表から8位のエクアドル代表までの7カ国が勝ち点差「5」にひしめく大混戦となっている。今節では、2位のコロンビアがブラジルをホームに迎えた。MFウィリアン(チェルシー)の鮮やかなボレーでブラジルが先制したが、FWラダメル・ファルカオ(モナコ)がヘディングシュートで同点ゴールを決め、1−1の引き分けに終わった。

 3位のウルグアイ代表はパラグアイ代表とアウェイで対戦。75分以降に2ゴールを奪い、反撃を1点に抑えて2−1と逃げ切った。5試合ぶりの勝利で、ウルグアイは2位に浮上している。

 4位のチリ代表は敵地でボリビア代表と対戦し、0−1と痛恨の完封負け。2連敗を喫し、プレーオフ圏外の6位に転落した。ペルー代表はエクアドルを2−1と破り、W杯出場圏内の4位に浮上している。

 残りは2試合、最後まで目が離せない戦いが続きそうだ。次節は10月5日に開催される。

■2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選 第16節結果
コロンビア 1−1 ブラジル
アルゼンチン 1−1 ベネズエラ
パラグアイ 1−2 ウルグアイ
ボリビア 1−0 チリ
エクアドル 1−2 ペルー

■2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選 第16節 順位表(勝ち点/得失点差)

1位 ブラジル(37/+27)※ワールドカップ出場決定
2位 ウルグアイ(27/+10)
3位 コロンビア(26/+3)
4位 ペルー(24/+1)
=====W杯出場権獲得=====
5位 アルゼンチン(24/+1)
====大陸間プレーオフ進出====
6位 チリ(23/+1)
7位 パラグアイ(21/−6)
8位 エクアドル(20/0)
9位 ボリビア(13/−20)
10位 ベネズエラ(8/−17)

(上位4チームがワールドカップ出場権獲得、5位のチームはオセアニア首位チームとの大陸間プレーオフへ)

関連記事(外部サイト)