徳島、育成型期限付き移籍で仙台MF佐々木を獲得「J1昇格のために全力」

徳島、育成型期限付き移籍で仙台MF佐々木を獲得「J1昇格のために全力」

仙台から徳島へ移籍する佐々木匠 [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 徳島ヴォルティスは6日、ベガルタ仙台から育成型期限付き移籍でMF佐々木匠を獲得した。なお、契約期間は2018年1月31日まで。背番号は「30」に決定している。

 佐々木は徳島のクラブ公式HPを通じて「ベガルタ仙台からきました佐々木匠です。徳島ヴォルティスのサッカーに魅力を感じこのチームでプレーしたいと思い決断しました。徳島ヴォルティスのJ1昇格のために全力を尽くし、チームに貢献できるよう頑張ります!応援よろしくお願いします!」とコメントを発表。

 また、仙台の公式HPを通じて「このたび、徳島ヴォルティスへ育成型期限付移籍することになりました。小さい頃からプレーしてきた大好きなベガルタ仙台、生まれ育った仙台を離れることを決断するのは簡単ではありませんでしたが、自分自身をさらに成長させるために移籍することにしました。徳島ヴォルティスのJ1昇格のために全力を尽くし、必ず成長して帰ってきます。これからも応援よろしくお願いします」とファン・サポーターへメッセージを送っている。

 今季、佐々木は明治安田生命J1リーグで5試合0得点を記録している。

関連記事(外部サイト)