3位転落のアイルランド、MFメイラーはW杯出場を諦めず「まだ可能性はある」

3位転落のアイルランド、MFメイラーはW杯出場を諦めず「まだ可能性はある」

セルビア代表と激しい戦いを繰り広げたアイルランド代表のデイヴィッド・メイラー(右) [写真]=Getty Images

 9月5日、2018 FIFAワールドカップ(W杯)ロシア 欧州予選が行われ、アイルランド代表はグループ首位のセルビア代表に0−1で敗れた。

 同日に行われた試合で、ウェールズ代表がモルドバ代表に勝利したためウェールズが2位に浮上。アイルランドは3位に順位を落とした。しかし、ウェールズとの勝ち点差はわずか「1」。アイルランドを牽引する同代表MFデイヴィッド・メイラーがW杯本戦進出に向け意気込みを語った。5日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 セルビア戦を振り返り同選手は、「あまり悔しさはない。なぜなら僕たちは心と魂をパフォーマンスに注ぎ、すべてをぶつけた。勝ち点3を得られるに値するプレーを見せたけど、なかなかボールがゴールに入らなかったね」とコメント。パフォーマンスに結果がついてこない現状を述べた。

 また、「僕たちは大いに失望しているが、以前このような状況を経験している。僕たちの目標は残りの2試合に勝つこと。そして、僕たちにはそれができると僕は信じている。まだ可能性はある。まだ2試合も残っているんだ。良い位置にいる。モルドバはホームで、ウェールズはアウェイで、しっかり戦いに挑みたい」とW杯本戦進出へ決意を新たにした。

 アイルランドは次節、10月6日にホームでグループ最下位のモルドバと対戦する。

関連記事(外部サイト)