「トップになる」絶好調マンUを率いるモウリーニョ監督の野心とは

「トップになる」絶好調マンUを率いるモウリーニョ監督の野心とは

マンチェスター・Uで2年目を迎えるジョゼ・モウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の意気込みを語った。9月6日付のイギリスメディア『サン』が伝えている。

 今夏加入したベルギー代表FWロメル・ルカクの活躍などにより、プレミアリーグ唯一の開幕3連勝を果たしているマンチェスター・U。チームを率いて2年目になるモウリーニョ監督は、まずクラブの元監督・アレックス・ファーガソン氏の記録を超えたいようだ。

 ファーガソン元監督はCL通算194試合を経験し、ビッグイヤーを2度獲得。モウリーニョ監督は現在CL通算133試合を経験し、2004年にポルトで、2010年にインテルで、ビッグイヤーを獲得している。CL優勝経験が一番多い監督は現在バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ氏と、リヴァプールを率いていた故ボブ・ペイズリー氏で、制覇回数は3回。

 そして、モウリーニョ監督は今シーズン、マンチェスター・UでCL制覇を果たし、元監督の記録を超える3度目のビッグイヤー獲得を果たしたいという。

「CL制覇は選手のためにも、私のためにも、クラブにとっても、良いこと。我々がたどり着きたい場所だ。昨シーズン、ヨーロッパリーグ(EL)を制覇して得た信頼は、我々が今シーズンCLを制覇するための一助となるだろう」

 また、監督しての目標については「CL制覇は私たち監督みんなの目標。私は自分をあまり野心的だとは思わないが、私はCL制覇を最も成し遂げる監督になりたい。現在監督としてトップ5から6に入っていることは分かっているが、トップにはまだ遠い。私は監督としてトップになるために激しく戦うだろう」と言及。監督としてCL制覇回数トップになる野心を明らかにした。

 マンチェスター・Uは9月9日にストークとアウェイで対戦。12日には、CLグループ予選の初戦でバーゼルをホームに迎える予定だ。

関連記事(外部サイト)