「信念を貫けば…」マンU5年目のマタ、今季こそタイトル獲得に自信

「信念を貫けば…」マンU5年目のマタ、今季こそタイトル獲得に自信

チェルシー時代にモウリーニョ監督を経験しており、現在再タッグを組んでいるマタ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uで5年目のシーズンを迎えるスペイン代表MFフアン・マタは、同クラブでタイトルを獲得することに自信があるようだ。6日付のイギリスメディア『メトロ』が伝えている。

 2013年にサー・アレックス・ファーガソン前監督が引退するまで、プレミアリーグでは3位以下で終わったことがなかったマンチェスター・Uだが、同氏が引退して以降3位以上で終わった年はない。しかし、今季は開幕戦からプレミアリーグ唯一の3連勝を飾り、同リーグで首位に立っている。そんなマンチェスター・Uの浮き沈みを経験しているマタは、今年タイトルを獲得する自信があるようだ。

「スタートにはとても満足している」とインタビューに応えたマタ。続けて「スタートはスタートにすぎない。確かに僕らは3試合をものにした。しかし、まだ3試合。まだまだ試合はたくさんある」とスタートダッシュに満足感を示しつつも、ふんどしを締め直した。

 そして、タイトル獲得について「信念は常にそこにある。信念を貫けば、タイトルを勝ち取れる。昨シーズンは良くない試合が何度かありタイトルを獲得できなかった。だから、今シーズンはタイトルのために戦い続けるという一貫性を持ち、チームとして1つになることが必要だ。加入した選手はチームにポジティブなものを加えており、すでにとても良いプレーをしている」とタイトル獲得に自信を見せるコメント。新戦力を称賛しつつ、タイトル獲得のためにチーム一丸となることを求めた。

 マンチェスター・Uは9月9日にストークとアウェイで対戦。12日には、チャンピオンズリーグ(CL)グループ予選の初戦でバーゼルをホームに迎える予定だ。同クラブはCLグループステージでバーゼル以外に、ベンフィカ、CSKAモスクワと対戦する。

関連記事(外部サイト)