サウサンプトンのファン・ダイク、全体練習に復帰…今夏退団報道のDF

サウサンプトンのファン・ダイク、全体練習に復帰…今夏退団報道のDF

サウサンプトン退団が噂されながらも最終的に残留が決まったファン・ダイク [写真]= Plumb Images/Getty Images

 サウサンプトンからの退団が絶え間なく噂されながらも、最終的にチーム残留が決まったオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがチームの全体練習に復帰したようだ。5日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。

 ファン・ダイクは今夏、クラブにトランスファーリクエストを提出するなどして移籍を希望する意思を強く示してきた。リヴァプールやチェルシー、アーセナルなどがファン・ダイクの獲得に関心を示していた模様で、今夏の移籍期限最終日である8月31日まで移籍の噂は続いていた。しかし、期限になってもサウサンプトンと合意するクラブは現れず、ファン・ダイクは今シーズンもサウサンプトンでプレーすることが決定していた。

 絶え間ない移籍の噂を受けて、サウサンプトンの指揮官であるマウリシオ・ペジェグリーノ監督はファン・ダイクをチームの全体練習から外すことを決断。同選手に1人でトレーニングを行うことを命じていた。しかし、移籍期限も最終日を過ぎ、ファン・ダイクはサウサンプトンに残留することが確定したため、同監督はファン・ダイクをトップチームの全体練習に合流する許可を与えたという。今夏にビッグクラブへの移籍は果たせなかったファン・ダイクだが、今後気持ちを切り替えてサウサンプトンでのプレーに集中しなければならない。

関連記事(外部サイト)