アザール、高騰する移籍金にジョーク「ネイマールがあれなら僕は1300億円」

アザール、高騰する移籍金にジョーク「ネイマールがあれなら僕は1300億円」

アザールが自身の移籍金や将来の夢を語った [写真]=Isosport via Getty Images

 ベルギー代表MFエデン・アザールが高騰する移籍市場での自身の価値を語った。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が5日に伝えている。

 同紙によると、アザールはナイキの新スパイクに関するイベントに登場。ブラジル代表FWネイマールが歴代最高額を大きく上回る金額で移籍したことについて聞かれると、「パリ・サンジェルマンが彼に2億2200万ユーロ(約290億円)を払ったなら、僕には10億ユーロ(約1300億円)の価値があるよ」と笑って応えたという。

 アザールは続けて「冗談だよ。僕にどのくらいの価値があるかなんて分からない。チェルシーでの仕事、練習や試合に集中しないといけない。毎年毎年僕がユニフォームを変えるなんて噂がでるけど、大事なのは事実だよ。僕はここで全力を尽くしている」とクラブでの活躍に集中しているようだ。

 しかし、「選手として目標をあげるなら、ベルギー代表としてワールドカップを穫ることがリストの一番上に来ると思う。チェルシーでチャンピオンズリーグ優勝することよりも上だね」と究極の目標はクラブではなく代表での活動にあると明かした。その理由は「ベルギー代表がまだ重要なタイトルを獲得したことがない」ことを挙げたという。

 ベルギー代表はW杯欧州予選Hグループで現在まで7勝1分けと圧倒的な成績で首位に立ち、開催国ロシアを除いてヨーロッパ最速でW杯出場を決めている。

関連記事(外部サイト)