モウリーニョ監督、移籍金の上昇に「ネイマールがすべてを変えた」

モウリーニョ監督、移籍金の上昇に「ネイマールがすべてを変えた」

移籍市場についてコメントしたモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、移籍金についてコメントした。6日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 モウリーニョ監督は、今夏史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールが、移籍市場のすべてを変えたと考えているようだ。

 モウリーニョ監督は、移籍金について「我々は、とても賢明だったと思う。移籍市場を永遠に変える何かが起こるのではないかと考えていた。通常、移籍市場の終盤は移籍金が高くなるものである。しかし、今シーズンはネイマールの移籍が決まった後、すべてが変わってしまった」と語った。

 続けて「もし、我々が移籍市場最終日の8月31日に(ロメル)ルカクを獲得していたら、移籍金は1億5000万ポンド(約213億円)を支払わなければならなかった。(ネマニャ)マティッチなら、6000万ポンド(約85億円)もしくは、7000万ポンド(約99億円)になっていた。ネイマールがすべてを変えたんだよ」とコメント。マンチェスター・Uは今夏、ルカクを7500万ポンド(約110億円)、マティッチを4000万ポンド(約58億円)でそれぞれ獲得したが、ネイマール移籍決定後ならばさらに高騰していた可能性を示唆した。

 最後に「人々は2億ポンド(約284億円)での移籍成立を目撃した。今や2000万ポンドの移籍が4000万ポンドに。4000万ポンドが6000万ポンドになってしまった。今ならルカクとマティッチを獲得するには2億ポンド以上かかるが、移籍市場の始まりの頃に獲得できたからまだ安く獲得することができた。それによって、財政面ではうまくやることができたと思う。それがすべてではないが、とても重要なことだよ」と今夏の補強に満足感を示した。

関連記事(外部サイト)