インテルに新加入のカラモー、移籍の決断について「瞬く間に決まった」

インテルに新加入のカラモー、移籍の決断について「瞬く間に決まった」

インテルに加入した感想を語ったカラモー [写真]=Inter/Getty Images

 今夏の移籍市場最終日である8月31日にカーンからインテルに加入したU-21フランス代表FWヤン・カラモーが、SNSでサポーターの質疑に応えた。イタリア紙『トゥットスポルト』が報じている。

 インテルにとって今夏最後の新加入選手となったカラモーは「移籍についてはいくつかの可能性があった。でも、インテルのことを耳にしたとき、すぐに新天地を探すことをやめて、移籍を決断した。インテルへの移籍など期待していなかったよ。カーンではレギュラーではなかったからね。全ては瞬く間に決まった。チャンピオンズリーグ(CL)に出場するため、インテルのユニフォームを身に纏うチャンスがあることを願っている」とコメント。想定外の移籍劇であったことを打ち明けた。

 続けてカラモーは「僕はドリブルがとても好きだ。ボールをコントロールし、様々なテクニックを披露したい。しかし、より速く動くことを学ばなければいけない。複数のポジションをこなす用意はしている。U-21(フランス代表)ではトップでも左サイドでもプレーしている。ポジションは固定されてやるものではない」と言明。幅広くプレーする準備をしていることをアピールしている。

関連記事(外部サイト)