チェンバレン、リヴァプール移籍の決め手は「クロップ監督の存在」

チェンバレン、リヴァプール移籍の決め手は「クロップ監督の存在」

リヴァプール加入の心境を語ったチェンバレン [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 今夏、3500万ポンド(約50億円)という移籍金でアーセナルからリヴァプールへと加入したイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンが移籍の決め手についてコメントした。6日付のイギリス紙『テレグラフ』が伝えている。

 チェンバレンは新天地にリヴァプールを選んだ理由について「クロップ監督の存在が1番の決め手だ。彼は僕をワンランク上の選手に押し上げてくれると確信している」とコメントした。

 続けて、チェンバレンはクロップ監督について「昨シーズンに中立的な立場から彼のことを見ていて、とても素晴らしいキャラクターを持っていると感じた。彼はとても情熱的な監督だ。(リヴァプールの)選手たちは彼にとても鼓舞されていたし、実際に選手じゃないところにも彼の影響力は及んでいたと思う」と述べ、昨シーズンからクロップ監督を気にしていたことを明かした。

 最後に、チェンバレンは「ここに来て感じたことは彼が選手たちととても強い絆で繋がっているということだ。そのことが彼を特別な監督にしている理由だと思うよ。また、彼が求めているチームスタイルは僕に合っているように感じるね。ここで彼と仕事ができることをとても嬉しく思うよ」と語り、クロップ監督を絶賛した。

関連記事(外部サイト)