英誌選定“今夏の移籍ワースト10”…パウリーニョやネイマールも

英誌選定“今夏の移籍ワースト10”…パウリーニョやネイマールも

英誌が今夏に行われたワースト移籍ランキングを発表した [写真]=Getty Images

 イギリスの月刊サッカー雑誌『FourFourTwo』のオンライン版が1日、“今夏の移籍ワースト10”を発表した。

 同誌によると、注意して欲しいのは選手の能力が悪い、という訳ではなく移籍金や年齢など、さまざまな状況によって選出されているということ。今までの最高額を大幅に上回る歴代最高額での移籍や、全体的な移籍金の高騰、14秒書類の到着が遅れたために移籍が認められなかったりと、今夏も話題の多かった移籍市場。その中から同誌が取り上げたワースト移籍を10位から紹介する。

10位 ギルフィ・シグルズソン(スウォンジー→エヴァートン)

 同誌の選出理由は「いい選手、ひどい価格」。推定4500万ポンド(約64億円)で移籍したシグルズソンが新たに創造性をもたらすことは間違いないが、8日に28歳の誕生日を迎えた同選手の適正価格を大きく超えていると分析した。もはや4500万ポンドではスーパースターを買えなくなったと同誌は嘆いている。

9位 アントニー・モデスト(ケルン→天津権健)

 29歳のモデストは昨シーズン、リーグ戦35試合で24得点とキャリアベストとも言えるシーズンを送った。天津権健でも活躍する可能性は高い。しかし3000万ポンド(約43億円)という価格で連れてきたモデストは、リーグの権威を高めたい中国にふさわしいとは言えないだろうと同誌は評価した。

8位 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(アーセナル→リヴァプール)

 同誌は3500万ポンド(約50億円)という移籍金は悪くないと評価。しかし、ゴーサイン出したアーセナルにとっては不可解な移籍で、直近のリヴァプール戦でもスタメンとして起用したチェンバレンの代役がいないままの放出になってしまった。契約延長を断ってまで移籍を選んだというのが最近のアーセナルをよく表しているとも分析した。

7位 ネイマール(バルセロナ→パリ・サンジェルマン)

 1億9800万ポンド(約290億円)という世界最高額の移籍金でパリ・サンジェルマンへと移ったネイマール。現代で最高の選手の一人であることは間違いないが、同時にサッカー界は「億万長者のワンマンシップ」によって動くのかもしれないという疑念を植え付けてしまった側面もある、と評価した。

6位 ホセル(ストーク→ニューカッスル)

 プレミアリーグ昇格を果たしたニューカッスル会長は補強に“最大限”の予算を投じると公言していたという。その結果がこのホセルで、このストライカーのキャリアハイはシーズン9ゴール。ムダな移籍ではないが、必要としていた信頼の置ける得点源には程遠いと同誌は評価している。レアル・マドリードでの経験もあるホセルは第3節で初先発を飾り、チームに先制点をもたらした。

5位 ダニー・ドリンクウォーター(レスター→チェルシー)

 異常なほど高額な移籍金というのが同誌の評価。良い選手なのは間違いないが、3500万ポンド(約50億円)という移籍金を費やしたところでチームに劇的な変化は生まれない。さらにアントニオ・コンテ監督にとってはエンゴロ・カンテ、ティエムエ・バカヨコがファーストチョイスで、変化が欲しい時にはセスク・ファブレガスもいると疑問符をつけている。

4位 パブロ・サバレタ(マンチェスター・C退団→ウェストハム)

 サバレタの獲得は、長期的視野に欠ける行き当たりばったり的なクラブの現状をよく表しているというのが同誌の見解。人間性にも優れるサバレタだが、給料も高いベテラン1人でチームの雰囲気が変わることはほとんどなく、サバレタに特効薬を期待するのはお門違いである。そもそも偉大な選手が戦術的に貧弱なクラブで四苦八苦するのをだれが見たい? と同誌は疑問を投げかけた。

3位 キリアン・ムバペ(モナコ→パリ・サンジェルマン)

 どんなビッグクラブでも欲しがる才能を備えるムバペだが、優勝を争う直接のライバルへの移籍はリーグの競技性を損ねる結果になると危惧する同誌。最新版のマリオ・ゲッツェ(ドルトムント→バイエルン)やゴンサロ・イグアイン(ナポリ→ユヴェントス)だと、過去の移籍を引き合いに出した。また、レンタル移籍で加入し、来夏に買い取るという支払いを先送りにする手法は“奇跡的”だと評した。

2位 パウリーニョ(広州広大→バルセロナ)

 プレミアリーグで散々だった、というの抜きにしても、中国スーパーリーグでプレーしていた29歳に3500万ポンド(約50億円)以上の価値があるとは思えないと評価。もちろんパウリーニョのような選手は過去にもいたし、チャンスを掴む可能性もある。しかしあまり目を向けられていないのは、フィットしなかった場合にこの選手を売ることはとても困難であるという事実だ、と同誌は指摘している。

1位 ジョン・テリー(チェルシー退団→アストン・ヴィラ)

 数々のタイトルを獲得してきた名プレーヤーには、選手としての消費期限が過ぎてからもクラブから求められるという“特権”がある。スティーブ・ブルース監督はテリーが持つ勝者のメンタリティーがグループを活性化してくれると期待したはずだ。しかしこういった移籍は賢い選択のように見えるが、実際に効果があったことはほとんどない。イングランド2部でここまで6試合を戦い、勝ち点「6」の18位と早くも残留争いに片足を突っ込んでいるアストン・ヴィラ。同誌は、テリーの移籍はなんの効果ももたらさず、晩節を汚しただけだと酷評した。

関連記事(外部サイト)