【仙台vs鳥栖プレビュー】仙台はルヴァンカップで鹿島を破った勢いを継続できるか…鳥栖は苦手の敵地戦克服を狙う

【仙台vs鳥栖プレビュー】仙台はルヴァンカップで鹿島を破った勢いを継続できるか…鳥栖は苦手の敵地戦克服を狙う

仙台は故障で鹿島とのルヴァンカップを欠場したクリスランが復帰予定。リーグではここまで8得点を挙げている [写真]=J.LEAGUE

■ベガルタ仙台 クリスランや野津田岳人も戦力に計算でき、選手層に厚みが

【プラス材料】
 8月30日と3日に開催されたルヴァンカップ準々決勝で、強敵の鹿島を2戦合計スコア5−4で破った。5得点を記録した攻撃面での充実ぶりが目立っており、そのうち4点がCK、FK、PKというセットプレーから記録したもの。守備組織の整った鳥栖を相手にする今節は、たとえ流れのなかでの攻撃で苦戦したとしても、セットプレーでゲームを動かすことができれば安心だ。キッカーを務める三田啓貴の活躍に期待したい。

 また、先週に負傷してルヴァンカップを欠場したクリスランも今週の復帰が見込まれ、さらに移籍規定上ルヴァンカップに出場できなかった野津田岳人も休養十分。彼らも加えた分厚い攻撃で、鳥栖のゴールに迫りたいところだ。

【マイナス材料】
 ルヴァンカップでは好調な仙台だが、リーグでは前節の札幌戦に0−1で敗れて、連勝が2でストップしている。仕切り直しとなる今節で勝利を挙げて、少しでも多くの勝ち点、少しでも上の順位を狙い続けたいところだ。

 札幌戦では相手に合わせてロングボールが多くなってしまった。また、ボディーコンタクトの多い展開となってしまったことで、札幌の長所を助長してしまった感もある。

 ルヴァンカップ準々決勝鹿島戦では、2試合合計4失点と守備に課題を残した。鳥栖の豊田陽平やイバルボの得点力は脅威であるため、仮に相手をリードできた時に、守備が緩むことがないように気をつけなければならない。

文:totoONE編集部

■サガン鳥栖 イバルボは好調を維持、前線の大きな武器に

【プラス材料】
 リーグ戦が中断した2週間でオフとともに激しいトレーニングを積んだ鳥栖。3日には佐賀大学とのトレーニングマッチを行い5−1で勝利した。特に2得点を挙げたイバルボはリーグ前々節の大宮戦(3−0)で加入後初ゴールを奪った好調さを維持している。今夏に加入した河野広貴のコンディションも上がってきており、時折周りの選手と良い連係を見せた。それだけでなく、大宮戦ではFW田川亨介、DF三丸拡、FW池田圭などレギュラーではない選手たちが活躍したこともチームにとってはプラス材料だ。

 マッシモ・フィッカデンティ監督は仙台について、「相手の陣地に人数をかけてやっていく。ただ、サッカーは裏と表があるスポーツだと思います。強みがそのまま弱点になることも多い」と分析。今季連敗のない鳥栖が苦手のアウェイで勝利を掴むか。

【マイナス材料】
 前節のG大阪戦(1−3)で今季5度目となる3失点を喫した守備陣。フィッカデンティ監督はこの失点を「集中力が足りなかった。対戦相手が強くなればなるほど、ちょっとしたミスでもツケを払う(失点する)ことになってしまう」と話した。そのため今回の中断期間ではフィジカルトレーニングなどに加えて守備の修正を行っている。

 今季のアウェイゲームでの勝利は、第19節の広島戦の1勝のみと苦戦を強いられている。仮にこの試合で敗れると今季初の連敗となる。幸いユアテックスタジアム仙台におけるJ1リーグ戦の対戦成績は2勝2分1敗と相性は悪くないだけに、今季のアウェイ2勝目を挙げて連敗なしの継続を狙う。

文:荒木英喜

関連記事(外部サイト)