D・コスタ、チェルシー退団なるか…移籍のラストチャンスを迎える

D・コスタ、チェルシー退団なるか…移籍のラストチャンスを迎える

移籍のラストチャンスを迎えているD・コスタ [写真]=Getty Images

 今夏退団を望んでいたチェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタは、移籍するラストチャンスを迎えているようだ。7日付のイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 D・コスタは、今夏古巣であるアトレティコ・マドリード移籍を望んでいた。しかし、同クラブがFIFA(国際サッカー連盟)から1月まで補強禁止処分を下されていたこともあり、交渉は不成立。ヨーロッパの移籍市場は閉幕し、チェルシー残留となっていた。

 しかし、D・コスタには移籍するラストチャンスが残っているようだ。トルコリーグが、その候補地になっている。トルコリーグの移籍期限は9月8日までとなっており、他のヨーロッパ諸国の移籍期限が終了した後でも選手の獲得が可能となっている。そこで、ベシクタシュやフェネルバフチェがレンタルでの獲得に興味を寄せているという。

 交渉している人に近い関係筋によると、合意に近づいているわけではないが、話し合いは続いていることが明かされている。

 チェルシーに戻ることを拒否しているD・コスタ。自身の希望通りの移籍にはならないが、トルコリーグに移籍することになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)