C大阪、DF温井駿斗が右ひざ半月板を損傷…手術を受け2カ月の離脱へ

C大阪、DF温井駿斗が右ひざ半月板を損傷…手術を受け2カ月の離脱へ

相模原戦では初ゴールをマークした温井駿斗 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 セレッソ大阪は7日、DF温井駿斗の負傷について発表した。

 発表によると、温井は8月27日に行われた2017明治安田生命J3リーグ第20節・AC長野パルセイロ戦で負傷。9月6日に手術を受けた。右ひざ半月板損傷と診断され、全治までは2カ月を要する見込み。

 同選手は今季ここまでC大阪U−23で2017明治安田生命J3リーグの16試合に出場。第19節・SC相模原戦ではプロ初ゴールをマークしていた。

関連記事(外部サイト)