ミランMFソサのトルコ移籍が決定的に…今季未だ出場機会得られず

ミランMFソサのトルコ移籍が決定的に…今季未だ出場機会得られず

ソサの1年ぶりのトルコ復帰が決定的となったようだ [写真]=Getty Images

 トルコのトラブゾンスポルが、ミランに所属するアルゼンチン人MFソサを獲得することが決定的になったようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が7日に報じた。

 同紙によると、トラブゾンスポルは年俸500万ユーロ(約6億5000万円)の3年契約で、ソサを獲得することになった模様。

 ソサは7日にトルコ入りしており、メディカルチェックが行われた後、契約が締結される見通しとなっている。また、ミランには移籍金として、700万ユーロ(約9億1000万円)を支払われることになる。

 現在32歳のソサは、今シーズンの公式戦で出番を与えられず、構想外となっており、トラブゾンスポルへの移籍が正式に決まれば、ベシクタシュに所属した2016年以来となる1年ぶりのトルコ復帰となる。

関連記事(外部サイト)