「素晴らしいチャンス」ムバペ、デンベレにバルサ移籍を進言していた

「素晴らしいチャンス」ムバペ、デンベレにバルサ移籍を進言していた

ムバペはフランス代表のチームメイトであるデンベレにバルセロナ移籍を助言していたようだ [写真]=Getty Images

 今夏、ドルトムントからバルセロナに移籍したフランス代表MFウスマン・デンベレ。この移籍の成立の裏側にはパル・サンジェルマン所属のフランス代表FWキリアン・ムバペの姿があったようだ。6日付でフランス紙『Footmercato』が報じた。

 所属していたドルトムントの練習をボイコットし、バルセロナへの移籍を押し進めるという“強行手段”に出たデンベレ。思惑通り、移籍することとなった同選手だが、同じく今夏にモナコからパリ・サンジェルマンに移籍したムバペがアドバイスをしていたようだ。

 フランス代表のチームメイトでもあり、親友であるという両選手。ムバペはデンベレと代表チームで会った際に「彼の未来について話し合った」と語った。

「彼が何をすべきか尋ねてきたんだ。だからバルセロナに行くようにアドバイスをした。それは彼にとって素晴らしいチャンスだったからね」

「彼は攻撃においてメッシやスアレスと並ぶ素晴らしい選手になる可能性がある。彼は多くを改善するつもりだよ。信じられないほどの才能を持っているが、彼はさらにもう一段階ステップアップすることができる」

 “親友”のアドバイスにより、バルセロナへの移籍の決意を固めたと思われるデンベレは念願の舞台でその期待に応えることができるのだろうか。

関連記事(外部サイト)