柴崎、代表戦から中2日で先発…ヘタフェ、レガネス撃破で今季初勝利

ヘタフェMF柴崎岳が3試合連続、代表戦から中2日でスタメン入りし、今シーズン初勝利

記事まとめ

  • リーガ・エスパニョーラ第3節が行われ、レガネスと日本代表MF柴崎岳のヘタフェが対戦
  • W杯アジア最終予選のサウジアラビア戦から中2日の柴崎は先発出場を果たし今季初勝利
  • ヘタフェは次節バルセロナと、一方のレガネスはMF乾貴士のエイバルとアウェイで対戦

柴崎、代表戦から中2日で先発…ヘタフェ、レガネス撃破で今季初勝利

柴崎、代表戦から中2日で先発…ヘタフェ、レガネス撃破で今季初勝利

柴崎、代表戦から中2日で先発…ヘタフェ、レガネス撃破で今季初勝利の画像

 リーガ・エスパニョーラ第3節が8日に行われ、レガネスと日本代表MF柴崎岳のヘタフェが対戦。柴崎は3試合連続で先発メンバーに名を連ねた。

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のサウジアラビア代表戦から中2日、チーム合流後まもなくして先発出場を果たした柴崎。ヘタフェは開幕2試合を終えて1分け1敗、未だ無得点で勝利がない。無失点で開幕2連勝を果たしたレガネスとの対戦で、今シーズン初勝利を目指す。

 均衡を破ったのはヘタフェだった。39分、ペナルティーエリア手前からマウロ・アラムバリが強烈なロングシュートをゴール右隅へ突き刺し、スーパーゴールで先制に成功した。前半は1−0で終了。ヘタフェが今シーズン初得点でリードを奪った。

 柴崎は63分に途中交代。すると65分、レガネスが同点ゴールを記録する。ペナルティーエリア左側からのシュートをGKが弾くと、こぼれ球へのプッシュも阻まれたものの、最後はミゲル・アンヘル・ゲレーロが押し込んだ。

 1−1のまま、試合は終盤へ。勝ち越しに成功したのはヘタフェだった。左CKをグラウンダーのボールでペナルティーエリア手前へつなぐと、こぼれ球に反応したアルバロ・ヒメネスが思い切りよく右足を振り抜く。ロングシュートがゴール左隅へ突き刺さり、決勝ゴールとなった。

 鮮やかなロングシュート2発で、ヘタフェが2−1と競り勝った。今シーズン初勝利を収め、1勝1分け1敗としている。次節は16日、バルセロナをホームに迎える。一方のレガネスは15日、日本代表MF乾貴士のエイバルとアウェイで対戦する。

【スコア】
レガネス 1−2 ヘタフェ

【得点者】
0−1 39分 マウロ・アラムバリ(ヘタフェ)
1−1 65分 ミゲル・アンヘル・ゲレーロ(レガネス)
1−2 83分 アルバロ・ヒメネス(ヘタフェ)

関連記事(外部サイト)