アザール、レスター戦に帯同へ…コンテ監督は限定的な起用を示唆

アザール、レスター戦に帯同へ…コンテ監督は限定的な起用を示唆

トレーニングで軽快な動きを見せるアザール [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、9日に行われるプレミアリーグ第4節・レスター戦に帯同するようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日付で伝えている。

 アザールは今年6月にベルギー代表での練習中に足首を負傷。手術を受けた影響で、今シーズンここまではチェルシーでの公式戦出場はなかった。しかし、8月31日の2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選第9節・ジブラルタル代表戦では先発出場し、ゴールもマーク。復活をアピールしていた。

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、アザールについて前日記者会見で「エデンは起用可能だ。彼は明日の試合のスカッドに入っているし、とても良くなっているよ。彼は戻るために本当に良く努力している」と言及。メンバー入りを明らかにしている。

「彼を戦力にカウントできると思っているが、彼に与える出場時間を適度にしなければいけないのは間違いない」と続け、限定的な起用を示唆したコンテ監督。ケガ明けとあって、やはり無理はさせたくない意向のようだ。

 レスターの本拠地キング・パワー・スタジアムで行われるこの試合は、現地時間15時(日本時間23時)キックオフを予定している。

関連記事(外部サイト)