大迫はフル出場も不発…ケルン、アウクスブルクに屈して開幕3連敗

大迫はフル出場も不発…ケルン、アウクスブルクに屈して開幕3連敗

大迫がフル出場したケルンは0−2で敗れ、開幕3連敗となった [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第3節が9日に行われ、アウクスブルクと日本代表FW大迫勇也所属のケルンが対戦した。大迫は2試合連続で先発に名を連ねた。

 先制したのはアウクスブルク。22分、左サイドからクロスが入ると、ゴール前で待ち構えていたアルフレッド・フィンボガソンがヘディングで合わせ、ネットを揺らした。

 追いかけるケルンは30分、高い位置で相手DFからボールを奪ったジョン・コルドバがペナルティエリア内まで運び、中央の大迫へラストパスを送る。しかし、このパスがわずかに長くなってしまい、決定的なチャンスを逃した。

 すると直後の33分、アウクスブルクはマルセル・ヘラーがエリア内で倒されてPKを獲得。これをフィンボガソンが落ち着いて決め、2−0となった。

 後半はケルンが相手陣内に押し込む時間が増えたが、ゴールを奪うことはできない。すると、後半アディショナルタイム4分にはカウンターからフィンボガソンがハットトリック達成となる3点目をマーク。このまま3−0で勝利を収めたアウクスブルクが勝ち点を10とした一方、ケルンは開幕3連敗となった。なお、大迫はフル出場している。

 次節、アウクスブルクは16日に日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトとアウェイで対戦。ケルンは17日に日本代表MF香川真司所属のドルトムントとアウェイで対戦する。

【スコア】
アウクスブルク 3−0 ケルン

【得点者】
1−0 22分 アルフレッド・フィンボガソン(アウクスブルク)
2−0 33分 アルフレッド・フィンボガソン(PK)(アウクスブルク)
3−0 90+4分 アルフレッド・フィンボガソン(アウクスブルク)

関連記事(外部サイト)