モラタ&カンテ弾でチェルシーが3連勝…レスター岡崎は疲労考慮でベンチ外

モラタ&カンテ弾でチェルシーが3連勝…レスター岡崎は疲労考慮でベンチ外

モラタとカンテの得点でチェルシーが勝利した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第4節が9日に行われ、レスターとチェルシーが対戦した。

 レスターはジェイミー・ヴァーディとイスラム・スリマニの2トップとなり、岡崎慎司はベンチメンバー外に。レスターを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は、岡崎について「ケガではなく戦術的な理由。代表戦帰りなので、休養を与えた」と説明している。対するチェルシーはアルバロ・モラタが最前線に入る3−4−2−1の布陣。レスターから加入したダニー・ドリンクウォーター、負傷明けのエデン・アザールもベンチ入りを果たしている。

 最初の決定機は39分、レスターはカウンターからリヤド・マフレズがドリブルで独走し、相手ゴール前まで持ち込む。最後はスリマニがシュートを放つが、GKティボー・クルトワの好セーブに阻まれた。するとその直後の41分、セサル・アスピリクエタのクロスにモラタが頭で合わせて先制する。前半はチェルシーの1点リードで折り返した。

 レスターは後半開始から2枚替え。アンディ・キングとデマライ・グレイを投入する。しかし、次ぎの1点を奪ったのはチェルシーだった。50分、古巣対戦となるエンゴロ・カンテの鋭いミドルシュートが決まり、チェルシーがリードを2点に広げる。60分、GKクルトワがヴァーディを倒し、レスターがPKを獲得。このPKを自ら決めて1点差に迫ったが、1−2のままタイムアップ。

 チェルシーは3連勝を達成。一方のレスターは2連敗となった。

 次節、レスターはアウェイでハダースフィールドと、チェルシーはホームでアーセナルと対戦する。

【スコア】
レスター 1−2 チェルシー

【得点者】
0−1 41分 アルバロ・モラタ(チェルシー)
0−2 50分 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
1−2 60分 ジェイミー・ヴァーディ(PK)(レスター)

関連記事(外部サイト)