ファンから嘲笑されたサンチェス、指揮官は擁護「サポーターのためにプレーできる」

ファンから嘲笑されたサンチェス、指揮官は擁護「サポーターのためにプレーできる」

ボーンマス戦に出場したサンチェス [写真]=CameraSport via Getty Images

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、チリ代表FWアレクシス・サンチェスについて言及した。

 今夏の移籍市場でマンチェスター・C移籍が合意に達していたサンチェスだったが、ヴェンゲル監督が放出を拒否し実現とは行かなかった。9日に行われたボーンマスとの一戦でサンチェスは後半に15分だけプレー。チームの勝利に貢献している。

 イギリスメディア『BBC』は指揮官のコメントを掲載。「サンチェスはプレミアリーグとヨーロッパリーグで戦うために集中している。彼はフィジカル的にまだ万全ではない。ケガをしていたからね。ただ、すぐに最高の選手に戻るだろう。ファンとチームのためにプレーしてくれるはずだ」とコメントしている。

 今シーズン初のホーム戦に出場したサンチェスに、アーセナルファンは嘲笑を浴びせていた、と同メディアは締めくくっている。

関連記事(外部サイト)