王者バイエルンが初黒星…ケルンは3連敗で最下位/ブンデス第3節

王者バイエルンが初黒星…ケルンは3連敗で最下位/ブンデス第3節

ブンデスリーガ第3節が各地で行われた [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第3節が8日から10日にかけて行われた。

 8日は1試合のみの開催。日本代表DF酒井高徳のハンブルガーSVがホームにライプツィヒを迎え、0−2と完封負けを喫した。酒井は71分からピッチに立っている。

 日本代表MF香川真司のドルトムントは、アウェイでフライブルクとスコアレスドロー。開幕3連勝は逃したが、2勝1分けの勝ち点「7」、未だ無失点で首位に立った。香川はベンチスタートで、出場機会は訪れなかった。

 日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地がベンチ外だったフランクフルトは、敵地でボルシアMGに1−0と勝利。日本代表FW大迫勇也がフル出場のケルンは、アウクスブルクとのアウェイゲームで0−3と完敗した。ケルンは唯一の開幕3連敗で最下位に沈んでいる。

 マインツはホームでレヴァークーゼンに3−1と快勝。FW武藤嘉紀は0−1で迎えた45分に左足ボレーで同点ゴールを決めた。

 また、開幕2連勝の王者バイエルンは敵地でホッフェンハイムと対戦し、0−2と完封負け。早くも今シーズン初黒星を喫した。日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンはブレーメンと1−1のドロー。原口はベンチ外だった。

 ウニオン・ベルリンへ移籍したDF内田篤人の退団セレモニーを開催したシャルケは、ホームでシュトゥットガルトに3−1と快勝。シュトゥットガルトの日本代表FW浅野拓磨は73分からピッチに立っている。

 ブンデスリーガ第3節の結果は以下のとおり。

■ブンデスリーガ第3節結果

ハンブルガーSV 0−2 ライプツィヒ
フライブルク 0−0 ドルトムント
ボルシアMG 0−1 フランクフルト
アウクスブルク 3−0 ケルン
マインツ 3−1 レヴァークーゼン
ヴォルフスブルク 1−1 ハノーファー
ホッフェンハイム 2−0 バイエルン
ヘルタ・ベルリン 1−1 ブレーメン
シャルケ 3−1 シュトゥットガルト

■ブンデスリーガ第3節順位

1位 ドルトムント(勝ち点7)
2位 ホッフェンハイム(勝ち点7)
3位 ハノーファー(勝ち点7)
4位 ライプツィヒ(勝ち点6)
===========CL===========
5位 シャルケ(勝ち点6)
6位 バイエルン(勝ち点6)
===========EL===========
7位 ハンブルガーSV(勝ち点6)
8位 アウクスブルク(勝ち点4)
9位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点4)
9位 ボルシアMG(勝ち点4)
11位 フランクフルト(勝ち点4)
12位 ヴォルフスブルク(勝ち点4)
13位 マインツ(勝ち点3)
14位 シュトゥットガルト(勝ち点3)
15位 フライブルク(勝ち点2)
16位 ブレーメン(勝ち点1)
===========降格==========
17位 レヴァークーゼン(勝ち点1)
18位 ケルン(勝ち点0)

関連記事(外部サイト)