CLに向けて準備を進めるアザール「頭の中はトロフィーを掲げることでいっぱい」

CLに向けて準備を進めるアザール「頭の中はトロフィーを掲げることでいっぱい」

ケガから復帰したアザール [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 ベルギー代表MFエデン・アザールは、今シーズンのチェルシーで成功を収めることに意欲を燃やした。

 9日に行われたプレミアリーグ第4節でレスターとチェルシーが対戦した。スペイン代表FWアルバロ・モラタとフランス代表MFエンゴロ・カンテのゴールでチェルシーが3連勝を達成している。ひざの負傷から復帰したアザールも78分から出場。2シーズンぶりにチャンピオンズリーグ(CL)を戦うチェルシーにとって、昨シーズン公式戦43試合出場17ゴール7アシストを記録した同選手は必要不可欠だ。

 イギリス紙『イブニング・スタンダード』は同選手のコメントを掲載している。12日にCLでカラバフ戦を控えるアザールは「そうだね、今年はとても重要だ。僕は準決勝までしか行ったことがないんだ。アトレティコ・マドリードに負けた試合だね。だから僕の頭はトロフィーを掲げることでいっぱいなんだ。今シーズンはチャンスだよ。いい仲間、いい監督がいるし、準備は整っている。チームメイトも勝利を望んでいるんだ」とコメント。

 続いて「サッカー選手としてCLで戦うのは夢だし、昨シーズンはテレビでしか見れなかった。いい気分ではないよね。CLのような大きな試合でプレーしたいんだ。今シーズンは大舞台に戻ってこれて嬉しい」と述べた。

 そして「レスター戦はいいテストになった、チームに貢献できたからね。ベルギー代表としても出場できたし、これからもっと良くなると思うんだ。ケガをしてから一生懸命ハードワークしてきた成果が出てきている。CLで試合に出れたらハッピーだね」と今シーズンの意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)