4失点大敗で悔しさ滲ませるボヌッチ「99パーセントの力では…」

4失点大敗で悔しさ滲ませるボヌッチ「99パーセントの力では…」

インモービレ(左)にハットトリックを許したボヌッチ(右)は試合後、悔しさを滲ませた [写真]=Getty Images

 セリエA第3節が10日に行われ、ミランはアウェーでラツィオと対戦し、1−4と敗れ、今シーズンの初黒星を喫した。

 イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが試合後、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応え「野心を変える必要はないが、これを教訓としなければいけない。全ての試合でチームとならなければいけないんだ。PKによって我々は崩壊してしまった。細かい部分を改善する必要がある。この敗戦が、全ての選手を目覚めさせる“平手打ち”となるべきだ」と大敗を喫したチームに奮起を求めた。

 さらに「もっとチームとしてプレーする必要がある。犠牲心を払ってプレーし、常に100パーセントの力を出すことを学ばなければならない。セリエA、ヨーロッパの舞台では99パーセントの力を出すだけでは十分ではないんだ。相手がボールを持ったときは、失点への警戒を持ちながら全員が一緒に連動しなければならないと思う。まずは前線からのプレッシャーが必要だ。自分たちにはアグレッシブな守備が欠けていた。激しくボールを取りに行き、全てを改善しなければならない」とチームの完成度を批判し、さらなるレベルアップが必要だと戒めた。

関連記事(外部サイト)