山口FW米澤令衣、期限付き移籍終了でC大阪へ復帰「全力でプレー」

山口FW米澤令衣、期限付き移籍終了でC大阪へ復帰「全力でプレー」

C大阪への復帰が決まったFW米澤令衣 [写真]=Getty Images for DAZN

 レノファ山口FCへ期限付き移籍で加入していたFW米澤令衣が、所属元のセレッソ大阪へ復帰することが決まった。10日に両クラブが発表している。

 米澤は1996年生まれの21歳。ヴィッセル神戸U−18出身で、2015年にC大阪へ加入した。同年5月からはブラウブリッツ秋田へ期限付き移籍で加入し、明治安田生命J3リーグで23試合出場5ゴールを記録。C大阪に復帰した昨季はU−23チームで明治安田生命J3リーグの25試合に出場し、8ゴールを挙げた。

 そして今季、山口へ期限付き移籍で加入。明治安田生命J2リーグで16試合、天皇杯で1試合に出場していた。

 期限付き移籍終了にあたり、米澤は山口に対して以下のようにコメントしている。

「このタイミングですがセレッソに戻る決断をしました。山口に来てたくさんの温かいサポーターに出会いみなさんの前でプレーすることができとても幸せでした。短い期間でしたがありがとうございました」

 また、復帰するC大阪に対しては「レノファ山口から復帰することが決まりました。シーズン残り少ないですがチームのために全力でプレーします。よろしくお願いします」と抱負を語っている。

 なお、米澤のC大阪での背番号は「47」に決まった。

関連記事(外部サイト)