マンUのMFエレーラ、ライバル台頭にも「いつでもプレーする準備はできている」

マンUのMFエレーラ、ライバル台頭にも「いつでもプレーする準備はできている」

チームプレーヤーを主張するエレーラ [写真]=Sportsfile via Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラが今シーズンの意気込みを語っている。

 プレミアリーグ第4節終了時点で3勝1分で首位をひた走るマンチェスター・Uは、ベルギー代表FWロメル・ルカクやセルビア代表MFネマニャ・マティッチら新戦力を加え、戦力が向上している。一方で、昨シーズンにマンチェスター・Uサポーターが選ぶ年間最優秀選手賞を受賞したエレーラは、先発出場1試合、途中出場1試合にとどまっている。特にポジションを争うマティッチが好調なため、昨シーズンよりベンチを温める機会が多くなるかもしれない。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』でエレーラは「いつでもプレーできる準備はできているんだ。つねに僕の意見は変わらない。僕はチームの一員だ。監督が僕を必要とすれば、いつでも試合に出られる。それがサッカーだし、何も驚きはないよ」とコメントを残している。

 続いて、12日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでバーゼルと対戦するエレーラは「チームは好調だけど、相手へのリスペクトを忘れてはいけないね。それから自分たちの“現在地”も把握しておかないと。僕たちはビッグクラブで、世界中にたくさんのファンを抱えている。でも、昨シーズンはCLを戦っていないし、一歩ずつ階段を上がらないといけないんだ。まずはバーゼル戦、勝利しか考えていない。そこから始まるんだ」と意気込みを語った。

 さらに「僕たちはCLで戦わなくてはいけない。もちろんCL以外にも僕たちを応援してくれるファンやスポンサーはたくさんいる。でも、CLで戦うことは僕たちにとって普通でなくてはならないよ。CL以外にも全てのタイトルを勝ち取りたい。昨シーズンもいくつかタイトルを獲得できたけど、まだ足りない。リーグタイトルだってCLだって勝利していない。全てを手に入れるために、地に足をつけて進まないとね」と冷静に話している。

関連記事(外部サイト)