水戸DF佐藤和樹、J3富山へ育成型期限付き移籍「少しでも力に」

水戸DF佐藤和樹、J3富山へ育成型期限付き移籍「少しでも力に」

富山への期限付き移籍が決まった水戸DF佐藤和樹 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 水戸ホーリーホックのDF佐藤和樹が、カターレ富山へ期限付き移籍で加入することが決まった。移籍期間は2018年1月31日まで。12日に両クラブが発表した。

 佐藤は1993年生まれの24歳。名古屋グランパスの下部組織出身で、U−15、U−18を経て2012年にトップチームへ昇格した。昨季から水戸でプレーし、明治安田生命J2リーグで11試合に出場。今季は公式戦で出場機会を得ていなかった。

 育成型期限付き移籍にあたり、佐藤は水戸に対して以下のようにメッセージを寄せている。

「昨年チームに加入してから今まで、あまり力になれなかった事を悔しく思っています。それでも温かく接してくれたファン・サポーターの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。富山に行くことになりましたが、選手としても人間としてもパワーアップしていけるように、変わらず頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

 そして加入する富山には以下のようにメッセージを寄せている。なお、佐藤の富山での背番号は「39」に決まった。

「水戸から育成型期限付き移籍で加入することとなりました、佐藤和樹です。昇格に向けて少しでも力になれるように全力を尽くしたいと思っています。応援をよろしくお願いします」

関連記事(外部サイト)