クロップ監督、風邪気味のサラーに特別な指令を下す…呼吸禁止に?

クロップ監督、風邪気味のサラーに特別な指令を下す…呼吸禁止に?

今夏リヴァプールに加入したサラー [写真]=Getty Images

 13日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節で、リヴァプールはセビージャとのホームゲームに臨む。前日会見に出席したユルゲン・クロップ監督は、風邪気味のエジプト代表MFモハメド・サラーについて、他のチームメイトに移さないように「呼吸を禁止した」と明かした。12日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 サラーは今夏、ローマからクラブ史上最高額の4200万ユーロ(約52億円)に加え、パフォーマンス次第で最高800万ユーロ(約10億円)が追加される移籍金でリヴァプールに加入。初出場から6試合で3ゴールを記録するなど、順調なスタートを切っている。しかし、現在は風邪気味で、のどを痛めているために前日練習を回避することになったという。

 クロップ監督は病状について「深刻ではない」と話しながらも、チームに悪影響をもたらさないために特別な指令を与えたと明かした。

「サラーはチームミーティングには出席したが、息をすることは許さなかった! その後、彼を家に帰したよ。万が一ウィルスがあった場合、それがチームにまん延するのは避けたいからね」

 なお同監督によると、サラーはセビージャ戦当日に行われる練習には参加し、夜に行われるゲームには出場する見込みだという。万全の対策を取ったリヴァプールは、3シーズンぶりの出場となるCLグループステージで好スタートを切ることができるだろうか。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)