クラブ史上初のACLベスト4進出へ…川崎FW小林悠は「勝つことだけに専念」

クラブ史上初のACLベスト4進出へ…川崎FW小林悠は「勝つことだけに専念」

川崎FW小林悠がクラブ史上初のACLベスト4進出へ意気込みを語った [写真]=Getty Images

 13日に開催されるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝・セカンドレグで、浦和レッズと川崎フロンターレが対戦する。12日に行われた川崎の試合前日記者会見の様子を、日本サッカー協会(JFA)の公式サイトが伝えた。

 8月23日に等々力陸上競技場で行われたファーストレグに、川崎は3−1で勝利。セカンドレグは引き分け以上でベスト4進出が決まり、敗れても点差次第では勝ち抜けられる優位な状況だ。しかし、鬼木達監督は「シンプルに勝ちを目指して戦う」とあくまでも一戦必勝の構え。さらに「0−0という気持ちからスタートするという形が良いと思っています」と語り、アドバンテージはありながらもそれにとらわれないで戦うとの意思を示している。

 また、主将のFW小林悠も「鬼木監督が話をした通り、次のステージに進むためにアウェイゴールなどもありますけど、そういうことを気にせずに、試合に勝つことだけに専念してやりたい」と指揮官に同調。ファーストレグで浦和にアウェイゴールを許したことを念頭に置き、「とにかく自信を持ってゴールを、得点を奪いに行くというところを重点的にやれれば」と意気込んでいる。

 クラブ史上初のベスト4進出なるか。敵地・埼玉スタジアム2002で行われる同試合は、この後19時30分にキックオフを迎える。

関連記事(外部サイト)