「毎日彼から学んでいた」マンUのリンガードが尊敬している人物とは?

「毎日彼から学んでいた」マンUのリンガードが尊敬している人物とは?

昨季までマンチェスター・Uで同僚だったルーニー(左)とリンガード(右) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表MFジェシー・リンガードは、元同僚で現在エヴァートンに所属している元同代表FWウェイン・ルーニーを尊敬しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が13日に報じている。

 24歳のリンガードは、現在31歳のルーニーがマンチェスター・Uで13年間を過ごした後、古巣エヴァートンに復帰したことについて大きな敬意を払っているようだ。

「毎日彼から学んでいたよ。わずか1−0であれば、常にゲームをコントロールすることは難しい。時には試合の最後に何をすべきかを、彼はよくわかっていた。もちろん彼を追い抜くのは難しいが、彼はいつもクラブの伝説として認められるだろうし、彼が戻ってくれば素晴らしい歓迎を受けるだろう。明らかに、彼はまだ若いし、古巣復帰は正しい決断だと僕は思ったよ」と言及。尊敬するルーニーのエヴァートン移籍を支持した。

 そして、今夏ルーニーとは逆にエヴァートンからマンチェスター・Uに加入したベルギー代表FWロメル・ルカクについては「去年彼が何をしたのか見ただろう? 彼はたくさんのゴールを決めていて、今では僕たちにそれを与えてくれている」とコメント。同選手の加入にも肯定的な意見を述べた。

 リンガードは今シーズン、プレミアリーグ第3節終了時点で、わずか22分しか出場をできていない。しかし同選手は、すぐにチャンスを得られると期待しているようだ。

「今月は特に、たくさんの試合があるので、いつもチャンスを得ることができるだろう。忍耐強くなければならないし、フィールドに出るときには他の選手との違いを見せたい。たくさん努力して、トレーニングを続けたいと思っているよ。僕はチャンスを得て、それをしっかりつかむだけだ」

 マンチェスター・Uは17日に、ルーニー擁するエヴァートンと対戦する。

関連記事(外部サイト)